No.11 (Feb. 24th, – Mar. 6th, 2019) Last

 お疲れ様でした。このカメラでの日記は終わりです。新宿で一番安いローライフレックスで日記でもやってみようという企画(?)でしたが、ピントルーペが折れて、案外早く終わってしまった。
 てかフィルム高すぎる!フィルムしかやってない方は大変だなと思う期間でした。この期間は色々テストしていたので、公開していないフィルムがたくさんある。金かかったよ…… 僕が写真始めた時よりもかなり高くなってるので、企業側が採算合わなくなってきたのはここ10年くらいなのかな。面白いのは、商業でフィルムの写真が大量に使われだしたのもここ10年の話で、よくわからない反比例を起こしていること。無くなりつつあるものに、たくさんの人がノスタルジーを感じだしたのかね。
 90年代中頃に、元木みゆきやHIROMIX、長島有里枝から始まったと思われるガーリーフォトの作品は、(現在では使い古された言葉だけれども)日常を異化する、または普段は見せないような行動や習慣を露出することに重きが置かれていたように思う。それが現在では、本当にいつもの日常を羅列することで何も異化しないこと、もしくはすでに他の写真作品によって異化され、人々にとって見慣れた光景と化している写真を混ぜ込むような作風が、90年代生まれの商業志向の作家の傾向として挙げられるのではないかな。HIROMIXの光など見ていると、具体名は出さないけれど、似ている作品が現在では商業利用されていたりする。であればHIROMIXを起用すべきだと思うのだけれど、日本ではそれがされていないのは不思議なことよね。なんか色々あるんだろうね。知らんけど(笑
 まずい、長くなりそう…… そろそろ私感に移ろうかな。
 古いカメラは楽しいということが、趣味の範疇で一番感じたこと。物として今のデザインと違うし、使い方も違う。カメラを持ってると散歩が楽しくなるっていう感覚は、いちカメラ好きとして理解できるところがある。ただし、作品を作る上で機材を選ぶこととはだいぶかけ離れた感覚であることは間違いない。Instagramでよく見るすべてがブーストされた写真や、さっき言っていたガーリーフォト風の写真などは、作品というより趣味の範疇に留まってしまっているのが現状だと思うし。正直僕は今挙げたような界隈にはいないから、あまり気にする必要はないんだけれど、日本ではどうしても避けて通れないところだと思うので、せっかくフィルム使って普通に写真を撮っていたので少し書いてみてた。
 もういいかな、あんまり私感じゃないけど(笑 ちょっと長すぎるので、この辺で打ち切りで。しばらくは、のんびりデジタルで日記やるので、引き続きよろしくお願いします。
 ではこれにて、1936年製Rolleiflexとはおさらばです。ありがとうございました。