No.2 (May 3rd, – 8th, 2019)

 日記ってなんだ?デジタルで撮影した写真を12枚組んだら、ローライの頃はギリギリ残ってた日記感(日記感ってなんだ?)が無くなった。これはいつものやつじゃないか。いつものやつというのは、僕のLightroomライブラリで見慣れた光景のことで、この記事にアップロードしてあるような写真が大量に並んでいるディスプレイを見ている状態のことである。
 日記というものを公開することには昔から抵抗があった。僕らが中学生の頃なんかは、前略プロフィールというガラケーのサイトから始まり、mixi、アメブロなどのブログやSNSが大盛り上がりしていた。実際僕もちょいちょいやっていた記憶もあるし。ただ本来、日記って自分しか見ないものですよね、多分。恥ずかしいことしか書いていないものですよね。これはまたガーリーフォトの話か?
 ほぼ使われないだろう写真をこうやってアップロードするのはあまり良くない気もするけれど、まあいいか、何を撮っているのか少しは伝わるのかな。
 そうそう、6月の個展に関して情報が出ました。以下にURLを貼りますね。
     
     https://www.the-white-jp.com/exhibition/2019/0604/

 成長過程だけでなく、成熟した時代も残しておこうじゃないか。ある程度形が決まってきているからって、気にしなくていいわけではないと思うんですよね。いつもと変わらない日常の日記だけじゃなくて、本当にあまり変わらない風景の日記も悪くないのでは。