No.11 (Sep. 9th, 2019)

 ニュースをあまり見ないので詳しく知らないのだけれど、9月8日の深夜から翌日朝にかけて、珍しいルートで台風が直撃したらしい。太平洋側から北上する形で関東を縦断していったみたい。9月8日はPrint Galleryの阿部さんと仕事をしつつ、今日はかなり大きな台風が来るらしいと話をしていたので、夕方には帰途についた。帰ってからは撮影した写真の編集をしつつ、早めに布団に入りYouTubeをラジオ代わりに聞きながら寝ていたのと、僕の家はあまり外の音が聞こえないので、どれくらい酷かったのか知らなかった。
 翌日、10時半頃かな、珍しく笹塚駅が異様に混んでいた。聞くと井の頭線では倒木、千葉県では打ちっ放しの鉄塔が倒れただの、かなり被害が出ていたようで、昨日早めに家に帰って良かったと少し安心した。こんな日くらい電車が落ち着くのを待って仕事に行ったり、むしろ仕事は休みにすればいいのにと、天災の時にはいつも思うのだけれど、どうもそうはならないらしい。
 新宿で借りていた機材を返し、そのまま撮影をと思い、代々木方面へ散歩を始めた。らすたというラーメン屋で昼食を食べ、代々木駅の南側の踏切で待っていると、なかなか踏切が開かない。いつも比較的開かない踏切だし、急いでいないので待っていたのだか、なかなか開かない。気がつくと車は駅の改札の方までつまっているし、初めは10人程度だった人も、いつの間にか50人を超えるほどになっていた。
 サラリーマン風の男性が、踏切に近づいて、左右を確認すると、当たり前のように遮断機をくぐり、踏切を渡り始める。それにつられてか、僕の目の前で待っていた女性も、同様に踏切を渡り始める。女性が渡り切る前に、電車の警笛が鳴る。
 何もなかったからいいものの、台風の影響でみんなイライラしているんだよ。ちょっとは待とうよなんて、当たり前のことを少し思ってしまった。休み時間だったからかな、休憩中に待たされて嫌だったんだろうな。ただ、他の人もそうですよ。駅員さんだって疲れていますよ。
 人ごとではないので、気をつけようと思った次第です。
 子どもみたいな日記だな(笑