“UNTITLED [DEDICATED TO TOMOKO ISODA]” Digression #1

 住宅街の話ですが、街並みを見ることはありますか。風景、とりわけその外見的特徴が意図的に制作されている場合に限り景観と呼ばれたりします。今作に関して言えば、景観ではなく風景を撮影しています。  僕が2016年から2019年前半にかけて制作していた作品は、景観を景観たらしめる要素を切断し、関連付けする行為によって、その(不特定多数のディベロッパーによる)無意識的作為の可視化とでも言いますか、街の構造の可視化に努めていました。  対し今作は、形象ではなく、個々人の視線の相対化にその目論見があります。日本写真史において1980年代から隆盛した都市計画論に基づく景観の再獲得を目指す意識的試みが、1990年代後半から、明確な差異を伴って風景への共依存関係へ移行します。精神的苦痛を伴うであろうこの試みは、清野賀子の自殺という形で終わりを迎えます。  誤解を恐れずに言えば、この日本的な過程は、明確な遺産を残しつつ現代に誤読を伴って継承されています。特にその一般への流布は、無意識そのものの日常化という悪意を伴っており、表層的な部分で視覚化されていると感じざるを得ません。  結局、磯田さんが現在ご健在でおられるのか、未だ確認できておりません。当初より、その確認が出来ると思ってはいなかったのですが、こうもあっさり分からないままであることが、今作にとっては必要なことであったのかもしれません。  磯田智子が『無題』を撮影してから丁度20年経ちました。その期間に集中的にこの作品の撮影ができたことは、非常に喜ばしいことです。また、来年は日本の街並みが変わりゆく瞬間でもあります。そんな時分に、まだ手の加えられていない都市の外れを放蕩することに尽くした自らの怠惰を恥じつつ、磯田智子への敬意を持って、今年を締めくくろうかと思います。  お世話になった皆々様へ感謝申し上げ、本年締めのご挨拶と致します。また、来年も意識を保ち続け、撮影に邁進して参りますので、引き続きご寵愛を賜りますようお願い申し上げます。 ...

Solo exhibition “Untitled [Dedicated to Tomoko Isoda]

Printed Union 150-0001 東京都渋谷区神宮前 6-32-7 近藤ビル1F 6-32-7 KondoBLDG.1F, Jingumae, Shibuya, Tokyo, 150-0001, JAPAN. 2020.1.8[Wed]—1.19[Sun]12:00–19:00 Close=1.13[Mon] 1.14[Tue] 1.10[Fri]12:00–21:00 1.17[Fri]12:00–21:00 Event Page : http://www.printed-union.com  磯田智子は1976年に栃木県で生まれた写真家である。1997年から2000年にかけて、地下鉄が走行するためのトンネルを車両最後尾から撮影した『残像』(英題:Afterimage)と、1999年に、日中の人気のない住宅街を記録した『無題』(英題:Untitled)という二つの作品を残した。過去形で終えるのは、2000年当時24歳だった磯田が、それ以降作品を制作している痕跡が見当たらないからである。  2000年11月23日から2001年1月21日に横浜美術館にて開催された、<現代の写真Ⅱ「反記憶」>展のカタログで磯田を知った僕は、それ以来写真作品の制作を始めた。後に気づくことだが、奇しくも当時磯田が通っていた東京総合写真専門学校で教鞭を執っていた、小林のりお氏の下で学ぶことになる。  磯田の作品との邂逅に特筆すべき出来事はなく、前作の『Net』を制作するまで置き去りにされていた磯田の『無題』がどうしても頭から離れなくなったのが、今年の夏のことだった。武蔵野美術大学大学院在学中から制作していた一連の作品が、『Net』という作品によってある程度の区切りがついてしまった僕には、為すべきことが無くなってしまっていた。恐らく、見渡す限り物語に埋め尽くされた環境に疲れてしまっていた。それから、磯田智子の"真似"をすることになる。  調べていただけたら簡単に分かることだが、磯田智子という人物、または作品に関する記述はあまり残っていない。散々調べた今だから言えることだが、調べても彼女のことは分からない。彼女を知る方にお話を伺う以外に選択肢がなくなったため、当時「反記憶」展のキュレーターを務めておられた天野太郎氏(現横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員)と倉石信乃氏(現明治大学理工学部総合文化教室教授)にお話を伺ってきた。結論から言うと、現在彼女がどこにいるのか、何をしているのか、知ることはできなかった。当時のお話は伺うことができたのだが、これを読んで下さっている方々にお話できるような事柄は見つからなかった。  結論を宙吊りにしたまま、この文章を終える。  企画して下さったPrinted Union主催の原田光丞氏に感謝申し上げます。本当にありがとうございます。また、展覧会終了まで何卒よろしくお願い申し上げます。  最後に、2003年に磯田智子の作品が展示された<Black Out : Contemporary Japanese Photography>展にて、天野太郎氏が寄稿した一文を引用し、この散文を展覧会導入とする。  磯田のイメージは、都市全体を語るとか、あるいはそれこそ都市の無意識なる深層を語ることを強く拒絶するし、そもそもそうした無意識なるものなど端から存在しえないことを示している。 参考文献: 「現代の写真Ⅱ「反記憶」」2000年, 横浜美術館 「Black Out : Japanese Contemporary Photography」2003年, 国際交流基金 ...