“UNTITLED [DEDICATED TO TOMOKO ISODA]” Digression #3

 オマージュではないです。制作の動機は真似をすることですから。真似をする、という作品であって、磯田智子の作品をもう一度繰り返すことが目的ではありません。  磯田智子の作品を選んだ理由は、物語が見当たらないからです。対象への意識が明確であることも挙げられます。前者は鑑賞者に想像力を働かせないために、後者は真似をするために作品に特徴が無ければならなかったためです。  今回意識していたことをもう一点書いておきます。現在、調べても分からないことは、なかったことにされてしまう可能性があります。であれば、調べたら情報が出てくるようすればいい。磯田智子の名前を検索すると、僕のホームページや、展覧会の告知ページがヒットするようになった。今作の展覧会の結果として、それは一つの収穫でした。 ...

“UNTITLED [DEDICATED TO TOMOKO ISODA]” Digression #2

オリジナリティの否定といった言葉を、展覧会開催中ほとんど聞かなかった。想定では、誰もが理解できる文脈として重大な要素になる予定だったのが。正直言って、俺が意識していた別の文脈(磯田作品の新進性)について喋りすぎたという感覚を覚えてはいるものの、仕方のなかったことであるから、話すといった行為に耽ったことに後悔はない。しかしあまりにも、作家性の不在についてリアクションが得られなかった。”作家性”など、あまり気にされないということなのか。  磯田智子の名前を、ドキュメンタリーであることを示唆するためでなく、”写真から写真を撮る”という内から外へ出向くきっかけとして使った。それは俺の実際の動機であり、写真を見ることで何処かへ行く契機を得るといった、誰しもが一度は抱く至極当然のベクトルである。その点でこの作品は、自己表現や制作といったことから乖離している。  タイトルは、あまり意識されない部分なのだろうか。タイトル以外、特段気に触る構造を仕込んでいない今回の展示だった。真似る行為を堂々と宣言する上で、俺が話さなくても誰もが気付ける点として、タイトルを中心に置いていたつもりでいた。  写真はそもそも、社会や歴史、差別や戦争、または土地といった様々な要素を内包しつつ成熟してきた。現在国立新美術館で開催されている<DOMANI・明日>展にて展示されている藤岡亜弥、米田知子、石内都、畠山直哉らの作品はそうした作品構造を捉える好例である。俺は今作を通じ、そうした結びつきを無視して、”完成された写真作品と写真の結びつき”を提案した。それはモダニズム的写真の利用とは明らかに性質が違うため、オリジナリティや作家性といった単語と、会場で出会うことが多くなるだろうと想定していた。結果そうはならなかったのだが、天野太郎氏から、その言葉を展示会場で拝聴した。それを今思い出した。 ...