No.21 (Mar. 29th, 2020)

前回お世話になった『広告』という雑誌が売り切れると困るので、新宿のブックファーストに行ってきました。もちろんこれだけ外出を自粛するよう忠告されているこの週末に外に出たことは申し訳なく思っています。  ただ、新宿があまりにも想像通りの状況だったため、ブックファーストの周辺のみですが撮影してきました。記録として、残しておこうと思います。 ...

No.20 (Mar. 26th, 2020)

 今日は写真が多いので全部見て頂かなくても大丈夫です。何も考えず1時間くらい散歩するとこうなります。花見でも行くかと外に出たので、その意識は強いかもしれませんが。  そんで、なんか色々書いたのですが、全部消しました。今、僕の近所はいつも通りです。夜は7月の展覧会の打ち合わせに行くので、本でも読みつつ、しばらくのんびりしようかと思います。 ...

No.19 (Mar. 14th, 2020)

 追記  2020年 3月18日 午前5時30分 やることがない。外に出てスナップを撮るか、家に引きこもるか、他に何か仕事が欲しい。この状態がいつまで続くのか分からない上に、フリーランスの人間にとっては企業に勤める方々がどのように動いているのか知る由もない。みんなどうしているのか教えてください。いつも通り生活しているのか、それとも何か対策を取っているのか。  フランスでは2週間の外出制限、アメリカでは1000ドルの一律給付等、各国政府は動いているようだが、日本は今どうなっているのか分からない。何か特別な対応はあるのだろうか。街から人影は減ったものの、社会はいつも通り動いているように見える。  ひとまず、都内の様子をこの日記用に少しずつ残そうかと思う。諸事情でレンズはVivitarを使うが、次回からスタイルを変える。相変わらず、誰もができるような行動しかとれないのだけれど、何もやらないよりは良いといういつもの考え方で動いてみる。正直、かなり辛い期間が長期に渡って続く覚悟をしなければいけない。今まで通り、ナンバリングされたこの日記は作品とは関係ない。 ...

No.18 (Mar. 11th, 2020)

 コロナウィルスの影響で、東京に人がいない。正確には、働いている人はいるが、遊んでいる人が極端に減った。美術館各所も閉館しているし、映画館も1席飛ばしで客を入れているといった話を聞いた。実際、俺の仕事も何件か無くなって、週1でバイトしている新宿ゴールデン街のバーでも、客足、というよりそもそも人が減っている。ウィルスで自粛は構わないが、生活を続けることができるのか不安な状況が全国で起きているのでは、と思う。  感染しないよう振舞うことは必要だが、既にパンデミックは確定しているようなもので、潜伏期間すら不明なウィルスにどう対処すればいいのか分からない。分からないことほど不安を煽るが、正直、普段通り振舞うことが良い選択ではないかと思う。 ...