Solo exhibition “Untitled [Dedicated to Tomoko Isoda]

Printed Union 150-0001 東京都渋谷区神宮前 6-32-7 近藤ビル1F 6-32-7 KondoBLDG.1F, Jingumae, Shibuya, Tokyo, 150-0001, JAPAN. 2020.1.8[Wed]—1.19[Sun]12:00–19:00 Close=1.13[Mon] 1.14[Tue] 1.10[Fri]12:00–21:00 1.17[Fri]12:00–21:00 Event Page : http://www.printed-union.com  磯田智子は1976年に栃木県で生まれた写真家である。1997年から2000年にかけて、地下鉄が走行するためのトンネルを車両最後尾から撮影した『残像』(英題:Afterimage)と、1999年に、日中の人気のない住宅街を記録した『無題』(英題:Untitled)という二つの作品を残した。過去形で終えるのは、2000年当時24歳だった磯田が、それ以降作品を制作している痕跡が見当たらないからである。  2000年11月23日から2001年1月21日に横浜美術館にて開催された、<現代の写真Ⅱ「反記憶」>展のカタログで磯田を知った僕は、それ以来写真作品の制作を始めた。後に気づくことだが、奇しくも当時磯田が通っていた東京総合写真専門学校で教鞭を執っていた、小林のりお氏の下で学ぶことになる。  磯田の作品との邂逅に特筆すべき出来事はなく、前作の『Net』を制作するまで置き去りにされていた磯田の『無題』がどうしても頭から離れなくなったのが、今年の夏のことだった。武蔵野美術大学大学院在学中から制作していた一連の作品が、『Net』という作品によってある程度の区切りがついてしまった僕には、為すべきことが無くなってしまっていた。恐らく、見渡す限り物語に埋め尽くされた環境に疲れてしまっていた。それから、磯田智子の"真似"をすることになる。  調べていただけたら簡単に分かることだが、磯田智子という人物、または作品に関する記述はあまり残っていない。散々調べた今だから言えることだが、調べても彼女のことは分からない。彼女を知る方にお話を伺う以外に選択肢がなくなったため、当時「反記憶」展のキュレーターを務めておられた天野太郎氏(現横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員)と倉石信乃氏(現明治大学理工学部総合文化教室教授)にお話を伺ってきた。結論から言うと、現在彼女がどこにいるのか、何をしているのか、知ることはできなかった。当時のお話は伺うことができたのだが、これを読んで下さっている方々にお話できるような事柄は見つからなかった。  結論を宙吊りにしたまま、この文章を終える。  企画して下さったPrinted Union主催の原田光丞氏に感謝申し上げます。本当にありがとうございます。また、展覧会終了まで何卒よろしくお願い申し上げます。  最後に、2003年に磯田智子の作品が展示された<Black Out : Contemporary Japanese Photography>展にて、天野太郎氏が寄稿した一文を引用し、この散文を展覧会導入とする。  磯田のイメージは、都市全体を語るとか、あるいはそれこそ都市の無意識なる深層を語ることを強く拒絶するし、そもそもそうした無意識なるものなど端から存在しえないことを示している。 参考文献: 「現代の写真Ⅱ「反記憶」」2000年, 横浜美術館 「Black Out : Japanese Contemporary Photography」2003年, 国際交流基金 ...

Solo Exhibition “Net”

DetailsPlace : The WhiteDate : 6/4 (Tue) - 6/15 (Sat) Closed on Monday, SundayTime : 13:00 - 19:00Event Page : https://www.the-white-jp.com/exhibition/2019/0604/  6月4日から個展があります。写真家の澤田育久さんが運営されている、神保町のThe Whiteにて2週間の会期です。"Net"とタイトルをつけた3枚の写真と、それらの写真に写るものを切り抜いた4点で構成されています。今回で、色々と区切りを付けます。そのための個展です。 特にやりたいこともなく、大学卒業時に専門商社に内定を頂いたあと、やっと真剣に考え出したんですよね。何かやりたいことないかって。その時後押ししてくれた両親や友人には本当に感謝しています。 結局内定をお断りし、大学院に入って半年後くらいかな、作品のベクトルも固まり、のんびり着実に制作を続けた5年間でした。基礎は固まった、とは思っています。それだけがこの5年の収穫です。これが終わったら、自分の捻じ曲がった根性を叩き直すために時間を使おうかと思っています。だからちょっとの間、個人的な発表から遠ざかるかと思います。 もともと他人に流されやすかったり、空気を読みすぎてナーバスになる性格なんです。だから写真を撮る時も、撮られる側が捻じ曲がらないように、被写体の形に合わせて撮影方法を決めたりしていました。前回のU.N.I.T.展で展示した作品は、形が捻じ曲がっていく過程であったりするんです。写真にシーケンスを持ち出したり、フォトモンタージュのような構成を利用すると、意味が少しずつ変わっていきますよね。僕は後者を使って、自分が物事をどのように見ているのか理解しようとしていたんです。伝わり辛いやり方しかできていませんが。 Netというのは、展開図という意味です。数学で出てくるアレです。立体を平面上で把握することが想像の域を超えないため、切り開くことで一様な把握を手助けしたりします。また、建築で出てくるアレでもあります。実際に見に行けなかったり、未完成の状態だと、どこに何が配置されるか把握することが難しいので、面で切り開いて並べ、平面上で分かるようにするためのものです。はい、そういった内容の展示になります(笑 内容に関してもう少し詳しく書くのは展示が終わってからにします。 在廊する予定も、トークやオープニングをやるといった予定も一切ないですが、来てくださる方はツイッターやインスタグラムでもいいので一声お掛けください。時間が合えば在廊しますので。また、展示にあたり協力してくれた友人に、この場を借りて感謝申し上げます。ありがとう。 余談ですが、日記を6月頭から再開します。Nikon S2にしようかと思っているので、そちらもよろしくお願いします。 ...