null [Three Steps Forward]

2017- 凝視することを奨めたい。観察者になることで、整理された言葉を相手に伝えなければならない。 曖昧な想定による匿名のシーケンスの集合ではなく、能動的な気付きの集積を、理性によって構 築しなければならない。匿名の風景に惑わされ、能動的な選択を蔑ろにしてはいけない。簡単に 答えが見つかる風景の中にいる。何が正しいのか簡単に峻別出来ない風景でもある。だから僕は、 凝視することを奨めたい。 ...

null [window]

2016- ここに写る四角形は、僕にとって初めて引かれた線であり、追記された情報は必要なく、視線はそれぞれに自由であると考えるきっかけを与えてくれた自然です。 本作品群では、視覚的規律から成り立っている反自然的な場所で頻繁に利用されている目印を排除しています。 僕はこれまで、ある反自然的な場所でどのように振る舞うかを、自らがピックアップした目印を基準に決めていました。 本作品群はそれらを意図的に無視した結果に辿り着いた地平であります。再び何もない地点から歩き出すこと、言うなれば自然への回帰を許してくれた本作品群の四角形たちへ僕は深く感謝しています。...

null

2015- 均一な形体が無数に存在している。自律していて、他を必要としない、視覚的に安定した構成。世界に対しある一定の距離を保ち、影響を与えることはない。また、そうした世界から置き去りにされた無数の形体は、営為が浸透する空間において、現前することはない。 【null】 / nʌ'l / [形] 1  無価値の, 効果のない, 重要でない. 2  ない, 存在しない, ゼロの, ゼロに等しい. 3  《数学》(集合で)空(くう)の 4  特徴[表情]のない, 無表情な....