null (window)

ここに写る四角形は、僕にとって初めての零であり、代入すべきものなど必要なく、視線はそれぞれに自由であると考えるきっかけを与えてくれた自然です。
本作品群では、視覚的規律から成り立っている反自然的な場所で頻繁に利用されている目印を排除しています。
僕はこれまで、ある反自然的な場所でどのように振る舞うかを、自らがピックアップした目印を基準に決めていました。
本作品群はそれらを意図的に無視した結果に辿り着いた地平であります。再び何もない地点から歩き出すこと、言うなれば自然への回帰を許してくれた本作品群の四角形たちへ僕は深く感謝しています。